2018年11月21日

あなたのクルマはもっと高く売れます
Computer Coding Code Php Programming Html Coding Cyberspace  Computing Computer  flare sun, Cropped image male freelancer sitting at the table Silhouette and filter sun

新車の購入資金に充てるため、現在乗っている車を売りたいと考える場合、新車ディーラーに下取りにだすか、それとも中古車買取り専門店に売却するかという点で悩む人も多いと思います。

一般的には買取り専門の業者の方が下取りの場合にくらべて高く買い取ってくれると言われます。

しかし、車の下取りにもそれなりのメリットがあります。

ディーラーにそのまま下取りにだすことにすれば、新車の購入と中古車の売却手続きが一度で済んでしまい、資金の移動などの手間もかかりません。

それに対して専門店に買取りをしてもらう場合には、納得する値段で車を買い取ってくれる店を探すために何軒も車を持ち込みしなければなりません。

また、契約を済ませた後も、買取り店と新車ディーラーを行ったり来たりする必要があります。

手続きの書類もそれぞれ別で、買取代金の振込を確認してから新車ディーラーに支払うことになります。

そのため、面倒な事が嫌いという方は、多少の金額の差には目をつむって下取りに出す方を選択するといいと思います。

また、現在の車と新しく買いたい車が同じメーカーであるならば、そのメーカーの現オーナーとして、それなりに押しも利くでしょう。

よほど今まで乗ってきた車の扱いが悪かったなどという事情がない限り、極端に下取り価格を下げてしまうことは、メーカーの信頼を下げることにつながりかねないからです。

そうはいっても、メーカーの下取り価格が適正かどうかは気になるところでしょう。

現在乗っている車にいったいどれだけの価値があるか、おおまかな相場は知っておきたいところです。

そのためには、複数の買取り業者から査定を受けられるオンラインによる一括査定サイトが役立ちます。

オンラインで幾つかの項目を入力して、結果を待つだけですから大した手間はかかりません。

ただオンライン査定の場合、訪問査定と違って時間を気にせず24時間いつでも利用することが可能です。

いま乗っている車を下取りと決めている方でも、自分の車の客観的な相場を知るために、オンラインの一括査定を利用してみるといいでしょう。

未分類