2018年11月21日

あなたのクルマはもっと高く売れます
kuruma koujou

先日ある中古車買取り専門店にいって、査定を受けてきました。

正直言って冷やかし半分で、もし査定額が低かったら売却するのは保留にしようと思っていました。

しかし、実際に査定を受けてみたら、わたしが考えていた金額よりもはるかに良い買取り価格が提示されました。

その査定額で車を売却しない理由がなかったので、結局その買取り店に車を売ることに決めました

実際に買取り専門店に行って査定を受けるまでには、いろいろと迷いもありました。

これまでは、車を買い替えるたびにディーラーで下取りに出していましたので、ガリバーやアップルなどの買取り専門店の名前だけは知っていましたが、実際にお店に行ったことはありませんでした。

新車を買う予定のディーラーでいつも通りに下取り査定をしてもらったところ、その額があまりにも低かったので、冷やかし半分で買取り専門店に行ってみることにしたのです。

買取り専門店に実際に車を持ち込む前に、インターネットの中古車査定サイトも利用してみました。

インターネット査定での見積もりはあくまでも参考程度のつもりでしたが、ディーラーで提示された下取り価格よりも高値を付けてくれる買取り業者が何社かあり、このことで買取り店に対する偏見がなくなりました。

いまにして思えば、あの時に下取りに出さなくて本当によかったと思います。

人間というのは、これまでずっと行ってきた習慣をなかなか変えることができません。

車を買い替えるときには、当たり前のようにディーラーに下取りに出していた自分にすれば、今回の買取り店の訪問は大きな冒険でした。

もし、今回ディーラーで提示された下取り額がある程度満足するものであったなら、買取り店を訪問することはなかったと思いますし、今後もずっとこれまでの習慣を続けていった可能性があります。

それが、ディーラーの査定額が低かったということが動機づけとなり、新たに行動を起こすことになったわけです。

また、もう一つ今回勉強になったのは、インターネットでの概算の査定額と、実際に買取り業者の査定員が車をチェックして出した査定額では、その金額にけっこう差があるということです。

事前に友だちから聞いていましたが、それが事実であることがはっきりしたのです。

ネットの概算査定では、あくまで車種や年式、走行距離などをもとに平均的な相場をもとに金額を提示するわけなので、数字的にはどうしてもアバウトなものになります。

どんなに優れた査定のプロであっても、実際の車を見ないで正確にクルマの価値を判断することは不可能なのでしょう。

未分類